• このトピックには1件の返信、2人の参加者があり、最後に 石渡明美により1年前に更新されました。
2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #7195 返信

    11月4日13時30分から、衣笠のはまゆう会館で行われた「市民合唱のつどい」を拝聴させていただきました。横須賀市歌も気持ちよく歌うことができました。「風を感じる街」は初めて聴きました。

    これだけ多くの合唱団の皆さんが一同に介して歌う催しが44回も続いているとは驚きでした。主催者側の山田さんのご挨拶に「忍耐は苦い、でも、その実は甘い」という野口英世の言葉がありましたが、参加された横須賀市内の57団体のみなさん、主催者のみなさん、大変なご苦労があったことと思います。

    講師の今村さんのお話も良かったです。合唱というとオペラのようなもので難しいイメージがありましたが、メロディの一区切りごとのフレーズである言葉の発音が大切だというお話は目から鱗でした。合唱は、吹奏楽のようにメロディを聴くだけでなく、人が発する言葉の響きも味わうものだったんですね。

    横高OB合唱団が歌った「いわし」も楽しかったです。星野富弘さんの絵は存じあげていましたが、こんなに面白い詩も書かれているとは知りませんでした。それを見事に歌い上げた横高OB合唱団は素晴らしかったです。

    楽しい午後になりました。お誘いいただき、ありがとうございました。

      

    #7228 返信
    石渡明美

    お忙しいところありがとうございました。

    次回は組曲「横須賀」もぜひ聴いてください。

    毎年4月か5月ごろ横須賀芸術劇場で演奏会があります。

    OB合唱団からも山田さんをはじめたくさん参加しています。

    私は出ていませんが (⌒_⌒;

2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)
返信先: 「市民合唱のつどい」で横高OB合唱団の歌声を拝聴しました
あなたの情報: