▶くりはま花の国に立ち寄ったエゾビタキ

くりはま花の国に旅鳥のエゾビタキが一週間程立ち寄りました。寒いシベリアで繁殖し、日本を経由しして、フィリピンやニューギニアで越冬します。まさに、世界中を飛び回る旅鳥です。日本には春と秋の渡りの時期に飛来するそうです。エゾビタキは蝦夷鶲と書きます。蝦夷(えぞ)の鶲(ひたき)です。鶲類は、鳴き声がカチカチと聞こえて、火打ち石を打つ音に似ているので、火焚き⇒鶲と呼ばれているそうです。

背中に白斑点が多くあるのが若鳥、その他は成鳥、親鳥、子どもの写真です。みなさん、見分けがつきますか?(2019年10月18日 高12期 山本誓一)

【徒然野鳥記】
http://www.cec-web.co.jp/column/bird/bird158.html
【日本の鳥百科】
https://www.suntory.co.jp/eco/birds/encyclopedia/detail/1388.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。