一妻多夫のタマシギ、イクメンの子育て

【タマシギ(タマシギ科)】

タマシギは、一妻多夫の変わった生態を持った鳥と言われています。オスは地味な色合いで目立たなくて抱卵や育雛などの子育てを行います。人間界で言うところのイクメンというやつですね。メスは、ハーレム維持に大忙しで何もやらないそうです。

この写真は、先日の台風一過の9月19日に平塚の休耕田で撮ったもので、雛は順調に育っていました。(2017/9/19 山本誓一 高12期)

【タマシギの解説】

※写真をクリックすると拡大できます。

子育てするオスのタマシギ

タマシギのオス

タマシギのメス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。