通研通りの桜が満開!

通研通りとは、野比の大作交差点から通研入り口までの約4kmの道路のことを指します。現在は「NTT横須賀研究開発センタ」という名称ですが、NTTになる前の日本電信電話公社(通称、電電公社)の時代には、横須賀第二電気通信研究所という名称だったため通信研究所(通称、通研)と呼ばれていました。現在でも地元の人は、通研の方が通りが良いようです。
3月28日に、通研通りから岩戸へ車でお花見に行きました。この辺りは、どこも満開でした。(高23期 石渡 明美)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。