孔子の言葉<学びて思わざれば則ち罔し(くらし)、思いて学ばざれば則ち殆し(あやうし)>

<学びて思わざれば則ち罔し(くらし)、思いて学ばざれば則ち殆し(あやうし)>

【解説】
学んでも、それについて自分で考えなければ、自分のものにならない。また、自分で考えるだけで人から学ぼうとしなければ、考えが凝り固まって間違った方向に行ってしまう。

【私見】
本を読んでも読みっぱなしではダメだというのですね。本の内容を暗記して空で言えても何にもなりません。作者は、何でこんなことを書いたのだろう、自分だったらこう思う、これは、おかしいんじゃないのかなどと考えながら読むべきなんです。

最近は、すぐにネットで検索する人がいます。検索にヒットすると分かったつもりになって放ったらかしにしておいたら何も残りません。自分だったらどうするかと一歩踏み込んで考えるべきです。自己流で何でもやっている人は、たまには人の言うことを聞いたり、書物を読んだ方が良いよと言うのが後半です。これからは、できるだけ自分で考えるようにしないとAI(人工知能)の食い物にされてしまいます。
(高25期 廣瀬隆夫)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。