孔子の言葉<これを知る者は、これを好む者に如かず、これを好む者は、これを楽しむ者に如かず>

<これを知る者は、これを好む者に如かず、これを好む者は、これを楽しむ者に如かず>

【解説】
知っているだけの者は、好きでやっている者におよばない。好きでやっている者は、楽しんでやっている人にはおよばない

【私見】
知好楽(ちこうらく)という言葉があります。世の中には、花の名前なら何を聞いても知っているというような人がいます。生き字引です。でも、花が好きな人にはかなわないと言うのです、さらに、花の美しさに感動して花を愛でることを楽しんでいる人には及ばないということです。

好きこそものの上手なれと言います。好きなことなら苦になりません。さらに、楽しければ活力につながります。昔、先輩に、試験を受ける時には、楽しまないとダメだと言われたことがあります。出題者がどんな質問をしてくるかを想像して楽しめば試験も苦にならないと言われたことがあります。でも、未だに試験はイヤですね。
(高25期 廣瀬隆夫)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。