秋の草花2 ホトトギス、ヤブミョウガ、ミズヒキ

【ホトトギス(ユリ科) ヤブミョウガ(ツユクサ科) ミズヒキ(タデ科)】

今日、裏山でホトトギスとヤブミョウガ、ミズヒキを撮りました。

ホトトギスというと、鳥の名前を思い浮かべる方が多いと思いますが、鳥のホトトギスの胸のあたりの模様が、ホトトギスの花の紫の斑点に似ているところから、そのような名前がついたと言われています。

ヤブミョウガは、葉が食材のミョウガに似ているので、この名前がつきました。名前が似ているだけで、系統的にはミョウガとは何の関係もありません。

お祝いの時に使うコヨリを糊で固めた紅白のヒモをミズヒキと言いますが、遠くから見ると、このヒモのように見えるところから、この名前がつきました。

いずれも、秋を代表する草花です。( 2017/10/3 山本誓一 高12期)

※写真をクリックすると拡大できます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。