石碑(校名銘板)

【石碑(校名銘板)】
石碑(校名銘板)は、以前は道路から正門に向かう左側の植え込みの中に設置されていたものです。1999(平成11)年の横高祭の写真(百周年誌・学校編グラビア)に写っています。

正門前を広くする際(年代は家では不明)、故堀江先生(朋友会顧問)が、現在地から昔の報本祠(大正4年鎮座式)、奉安殿((昭和4年落成)があった場所へ移転しました。年表に、次のように書いてあります。大正4年11月10日 : 先帝尊像鎮座式を行う。社殿を「報本詞」と称え、「記恩ヶ丘」ということが定められる。(「朋友」2巻収)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。