MENU

ひと足早い三浦半島の桜便り

もう春はすぐそこまで来ています

(写真撮影 高10期 饗場元二)

◆ ◆ ◆ ◆ ◆

▶もう春はすぐそこ、三浦半島の桜だより

2月17日(日)に、大津クラブのテニスコートに行ってみましたら河津桜が本格的に花を咲かせてておりました。梅の花 […]

コメントなし

▶北久里浜のビルの不思議な物体

北久里浜駅近くの建物に、人間の格好をした人形が建物に張り付いているのを見つけました。(高10期 饗場元二)  […]

コメントなし

▶三浦海岸を走る河津桜ラッピング電車

三寒四温、まだ、寒い日もありますが、京急本線では季節を先取りして「三浦海岸河津桜ラッピング電車」が走っています […]

コメントなし

▶2019年記恩ヶ丘の会新年会(総会)の報告

・日時: 2019年 2月10日(日)  17時~19時・場所: 横須賀市若松町2-30 モアーズシティ8F  […]

コメントなし

▶第73回市町村対抗「かながわ駅伝」競争大会(2月10日)

http://www.pref.kanagawa.jp/docs/tz5/cnt/f531635/index. […]

コメントなし

▶横中の野球部創設と横高野球部の黄金時代

近藤礼三氏(高8期)のエッセイ「吉田庫三校長と父のグローブ」で、お父上(近藤石蔵氏・中14期)の横中に纏わるエ […]

コメントなし

大津クラブのテニスコートの河津桜

1月17日(木)大津クラブのテニスコートでテニスを楽しんできました。コート近くの河津桜が、ちらほらと花を咲かせ […]

コメントなし

春を告げる南房総のスイセン

本日、バスツアーで南房総に行きましたらスイセンがキレイに咲いていました。このスイセンは、ニホンズイセン(日本水 […]

コメントなし

▶朋友会ホームページ公開平成十三年のころ

今年は、平成最後のお正月となりましたが、第四回目は、記恩ヶ丘新春座談会として「旧・朋友会ホームページ」の立ち上 […]

コメントなし

▶平塚の田圃で、ノスリ、チョウゲンボウ、タゲリに会う

12月19日(水)、天気が良かったので久し振りに平塚の田圃へ行きましたら、ノスリ(ワシタカ科)・チョウゲンボウ […]

コメントなし

▶神奈川県立小田原高校訪問記

小田原に行く機会がありましたので、少し足を伸ばして小田原高校に行ってきました。小田原高校の初代校長も吉田庫三先 […]

コメントなし

▶横須賀市歌のすばらしさを探る(1)横須賀市歌の概要

最近、横須賀市は「横須賀市歌」について再認識しようという姿勢が出てきています。そこで、初演の時から携わっている […]

コメントなし

▶衣笠山公園のエゾビタキ、コジュケイ親子、コサメビタキ

衣笠山公園でエゾビタキ、コジュケイ親子、コサメビタキを撮りました。( 2018/10/3 山本誓一 高12期) […]

コメントなし

♪ 坂東武者の名を留めし〜(衣笠城趾)

横中校歌にも出てくる「衣笠城趾」に行ってきました。何十年か前に、大楠山のハイキングの時に寄ったことがありました […]

コメントなし

吉田庫三先生の足跡を訪ねて(世田谷・松陰神社)

今年は、横須賀高校創立110年にあたる年なので、初代校長の吉田庫三先生のご先祖の吉田松陰が祀られている松陰神社 […]

コメントなし

▶小柴さんの業績(ニュートリノ、天文物理学、カミオカンデ、平成科学基礎財団)

大先輩の小柴さん(中32期)が2002年にノーベル物理学賞を受賞されたことは、あまりにも有名で、横須賀高校の同 […]

コメントなし

◆ ◆ 横高の著名人 ◆ ◆

文化功労者 洋画家 島田章三さん(高5期)

1933年7月24日、神奈川県生まれ。1950年、神奈川県立横須賀高等学校に入学し美術部入部。高校を卒業後、東 […]

コメントなし

考古学者 赤星 直忠さん(中9期)

■ 略歴 明治35年横須賀に生まれました。大正10年に神奈川県立横須賀中学を卒業。横須賀重砲連隊勤務や代用教師 […]

コメントなし

アメリカ合衆国の日本人医師 トーマス野口さん(中32期)

■ 略歴 福岡県生まれ、神奈川県横須賀市育ち。父の渉は耳鼻咽喉科の開業医。神奈川県立横須賀中学校では、同級生に […]

コメントなし

内閣総理大臣 小泉純一郎さん(高12期)

■ 略歴 小泉純一郎(こいずみじゅんいちろう)さんは、昭和17年(1942年)1月8日、父小泉純也と母芳江の長 […]

コメントなし

ノーベル物理学賞受賞 小柴昌俊さん(中32期)

■ 略歴 小柴昌俊(こしばまさとし)さんは、1926年(大正15年)9月19日  )に愛知県に生まれました。1 […]

コメントなし

東京オリンピック柔道金メダリスト 猪熊功さん(高8期)

■ 略歴 猪熊功(いのくまいさお)さんは、昭和13年(1938)2月4日神奈川県横須賀市に生まれました。結核・ […]

コメントなし

横須賀高校(第四中学)初代校長 吉田庫三先生

■ 略歴 吉田庫三(よしだくらぞう)先生は、松陰の妹である千代の息子として慶応3(1867)年に生まれました。 […]

コメントなし

◆ ◆ エッセイ ◆ ◆

▶横中の野球部創設と横高野球部の黄金時代

近藤礼三氏(高8期)のエッセイ「吉田庫三校長と父のグローブ」で、お父上(近藤石蔵氏・中14期)の横中に纏わるエ […]

コメントなし

▶吉田庫三校長と父のグローブ

父・近藤石蔵(中14期)から聞いた横中に纏わるエピソードを書いてみます。(高8期 近藤礼三) 【その1、父が寄 […]

コメントなし

▶横高の名物親父の思い出

記恩ヶ丘ホームページに掲載されているトーマス・野口氏の文章を読んでいましたら、父の記憶が蘇ってきました。思い出 […]

コメントなし

▶旧朋友会のHPは「記恩ヶ丘の会ホームページ」として健在です

旧朋友会のホームページ制作に携わっていた和田良平氏(高17期)より、朋友会の非公式ホームページ「記恩ヶ丘の会」 […]

コメントなし

▶記恩ヶ丘の会ホームページ誕生秘話

今回は、この記恩ヶ丘ホームページが出来た経緯についてお話したいと思います。(高25期 廣瀬隆夫) インターネッ […]

コメントなし

▶100歳まで現役で働く トーマス野口さん(中32期)

横中、横高の同窓生のみなさんは、トーマス野口さんという方をご存知でしょうか。私は、名前だけは存じ上げていました […]

コメントなし

県横(ケンヨコ)ってどう思いますか?

最近、横須賀高校のことを、県横(ケンヨコ)と呼んでいる人がいるようです。長い間、横高(よここう)に親しんできま […]

コメントなし

▶I君のこと(小川省二先生)

六十半ばを過ぎた私の弟にI君という大学時代からの親友がいる。彼らの家族ぐるみの深い付き合いは四十年以上も続いて […]

コメントなし

▶ある不倫(小川省二先生)

鎌倉瑞泉寺の裏山に相模湾が一望できる東屋がある。私は若い頃、春の彼岸の中日、夕方いつもここにくることにしていた […]

コメントなし

▶父の”お話”(小川省二先生)

私の父は、醸造業を営んでいて、時間に余裕のあったせいか、私の幼い頃からかなり成人するまで暇さえあれば&#822 […]

コメントなし

▶ある出会い(小川省二先生)

昭和三十二年秋、当時鎌倉に住んでいた私達夫婦が連れ立って、由比ガ浜通りを歩いていた時のことである。ゆるゆるとこ […]

コメントなし

▶思い出の二人の少年(小川省二先生)

昭和二十三年、当時、私は横須賀高校の野球部の監督をしていました。その頃、県商工(神奈川県立商工高等学校)に練習 […]

コメントなし

▶仰げば尊し(小川省二先生)

私の現役最後の年、その二月の初め頃であった。数人の三年生が校長室にやって来て 「僕達は卒業式委員会の者なのです […]

コメントなし

▶先生は往生際が悪い(小川省二先生)

私は、終戦間もない昭和二十二年から18年間、横須賀高校で教壇に立っていました。ここは戦前の軍関係住民が多い土地 […]

コメントなし

▶教師の生きがい(小川省二先生)

昭和五十年に始まった日教組の主任制度反対闘争は田中角栄首相が「学校の先生はお気の毒だ。職場には一般教員と教頭、 […]

コメントなし

東京オリンピック、1964(昭和39)年の思い出

現在、韓国の平昌(ぴょんちゃん)冬季オリンピックが開催され、日本選手もメダル獲得ラッシュで、大変盛り上がってい […]

コメントなし

オープンソースと林檎の木

インターネットが普及していますが、その主要なソフトウエアの多くは、オープンソー スと呼ばれる誰でも自由にコ […]

コメントなし

イタリア人に学ぶ働き方改革

働き方改革と言われていますが、なかなか難しいですね。イタリア人の生き方に解決策のヒントがあるのではないかと思い […]

コメントなし

町の本屋さんの危機とロングテールの法則

【昭和25年当時の平阪書房(平阪書房ホームページより)】 横須賀中央駅でバスを降りて平坂の中腹にあった平坂書房 […]

コメントなし

三日坊主とクリティカルマス理論

クリティカルマスという言葉をご存知でしょうか?日本語に訳すと臨界量と言います。コップの中に水を、一滴ずつ入れて […]

コメントなし

歳をとると何で時の流れを速く感じるのか?

早いもので、もう7月。この前、お正月にお雑煮を食べたと思ったら、もう今年も半分以上過ぎてしまいました。歳をとる […]

コメントなし

私の健康法

私は、四十歳くらいから体力の衰えを感じて、五十歳くらいには家の階段を上るのさえつらくなっていました。というのも […]

コメントなし